怒られると凄く凹みます。

怒りの感情で
振り回される人を減らしたい

怒られると凄く凹みます。

幼い頃、親の言うことを聞かないと叩かれたり、怒鳴られたりしてきた。

怒られないように、傷つかないように、嫌われないようにしてきました。

それは、幼いながら生きていくためのすべでした。

「いい子」でいることで、自分を守ってきた。

大人になっても、何か指摘をされたとき、萎縮してしまう自覚があった。

相手は、私を傷つけるつもりも、やり込めて再起不能にするつもりも無いのに。

人格を否定している訳でもないのに。

こうしてほしいとリクエストをしているだけなのに。

ちょっとした言い方が下手だったりする人もいると思いますが。

それでも、受け止め方で、その後のコミュニケーションが変わってくる。

責められたと感じたら、傷つかないように関わらないように距離を取る。

今後言われないようにするために、細心の注意を払って行動する。

そういう日常はストレスを感じます。

叱ると言うことは上手にリクエストを出せるようになるということです。

相手の成長を願い、望ましい行動をしてもらうための動機付け

どうしてほしいのか、それは、なぜなのかを伝える。

ただ、信頼関係の無い状態では、どんなにテクニックを駆使しても相手には伝わらないのです。

歪んで伝わることも有るのです。

怒られる側は、怒る側の普段をよく見ています。

「あんたに言われたくないわ。あんただって。」

と心の中で呟かれてしまうと伝わらないのです。

「言われていることは、もっともな事だな。」

と受け入れる内容であれば、言ってもらえる事に感謝だよね。

そんな風に受け止めれたら、凹んでも、すぐに切り替えれるはず。

叱り方も上手になれるようになることも大切だけど、怒られる側も、素直に聞く耳を持つことも重要です。

さて、あなたは、どんな人からなら怒られたいですか?

一般社団法人日本アンガーマネジメント協会

【今後の講座予定】

★アンガーマネジメント入門講座

3月15日(木)19:00~20:30
自習室うめだ

3月24日(土)10:00~11:30
大阪市北区民センター

3月31日(土)10:30~12:00
大阪市北区民センター

4月7日(土)10:00~11:30
大阪市北区民センター

☆詳細はこちら

申し込みはこちら

★キッズインスタラクター養成講座

3月24日(土)12:30~16:30
大阪市北区民センター

★詳細はこちら

申し込みはこちら

Share