おうち起業家さんの為の講座

入金催促メール文章は苦手

【入金催促メール】

申込みがあったが、ご入金の期日が来ても入金確認できないとき、お客様に催促するのって気を使いますよね!

そんな時、どうされていますか?

事前のご入金をお願いしていたのですが、入金確認が申込み者様のお名前では見当たらず、申込みの無いお名前でのご入金が、あったので、もしかしたら個人名でなく会社名でご入金されているかも知れないと思ってメールを送りました。

案の定、当たっていました。

この経験から
ご入金の期日迄に入金確認が取れていないお客様には入金催促メールと思われないような文面をお送りするようにしています

ストレートに伝えれば良いのでしょうが、気を使ってしまうって方は、纏めましたので、ご覧下さい😊

◯◯ ◯◯様

この度は◆◆◆◆セミナーにお申込みいただきありがとうございます。
申し込み当日に自動返信メールは届いていますでしょうか。
届いていないようでしたら、
一度プロモーションフォルダーや迷惑メールフォルダー等のご確認をお願いいたします。

さて

セミナー受講料の入金確認後にテキストや当日のzoomのIDをお送りしております。

まだ、◯◯ ◯◯様のお名前ではご入金の確認が取れておりませんので、違うお名前でのお振込の場合、お手数ですがお振込のお名前をお知らせいただけますようお願いいたします。

これからご入金予定でしたら下記までお願いいたします。

▲▲銀行 △△支店
普通 1234567   あなたのお名前(会社名)

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

この文面でメールをお送りすると、失念されていた方は「遅くなりました。先ほど振り込みました」って返答が来ています。

違うお名前での振込みの方は、「●●●●の名前で振込みしていました。」と返答もありました。

今のところ、この文面が私にとってストレス無くご入金の確認・催促ができる内容です。

Share

-おうち起業家さんの為の講座
-

© 2022 さかぐちひろみの怒りの感情をコントロールする方法