Daily life

進路は誰が決める?

大阪体育大学に行きたかった

中学生の時 保健体育の時間に
「人の値打ちは その人が亡くなった時
本気で何人の人が泣いてくれるか」
という事を聞いた。

衝撃的で感動した

私も人に感動を与えれるような人になりたい
そのような仕事に就きたい

今の実力での選択肢として
保健体育の先生を目指した

普通科高校に行き
当時好きだった人(彼氏?)と
体育大学を目指す

塾にも通い
試験の成績はクラスで5番以内
クラブ活動にも力を入れ
推薦をもらえるように努力していた

あるとき友人が
○○短期大学にも体育科があるから
一緒に受けない?と誘われた

受験の練習にもなるから
気軽に「いいよ」と返事した。

しばらくして
受験日が大阪体育大学と同じ日だった

私は「いいよ」って約束したし
友達にいまさら言えないし
嫌われたく無し
でも まーいいかと思って
友達と一緒に
○○短期大学の体育科を受験した

合格通知を手にしたのは
私だけだった

何のために私は
大阪体育大学の受験をやめて
○○短期大学の体育科に行くんだ
とても悲しかった。

アンディさん(中橋佐知子)の起業塾で学んで
その時のことを思い出した

他人軸で選択してしまった
一つの例
こんな選択をいっぱいしてきた

(そんな事例はまたこんど)

だからこそ
自分のやりたいことを自分で決めれるように
お手伝いしたいと思って
自分軸で生きるための★
感情のおかたづけ講座を作ったんです

いつからでもスタートできる

自分のやりたかったこと
今 まだできていないなと思っているあなた
一緒に感情のおかたづけしてみませんか?

自分軸で生きるための★
感情のおかたづけ講座コラボ企画は
こちらからご覧ください

 

 

Share

-Daily life
-, ,

© 2021 さかぐちひろみの怒りの感情をコントロールする方法