アンガーマネジメント

資格試験には耳栓を用意しよう

耳栓購入

イラっとした時6秒待つ
その後 思考のコントロール
三重丸を思い浮かべて
まあ許せるか 許せないかにわける
許せなければ 行動のコントロール
コントロール可能か不可能か
重要か重要じゃないか

まさにその日はアンガーマネジメントが必要だった

怒りが起きやすい状態になっていた

前日に試験の受験表を確認したら
住所の間違いがあり主催者に連絡しないと
いけないことが判明

グループラインに
夜中2:00になっても止まらない
個人同士のメッセージのやりとり

数秒ごとに〈ブル〉となるスマホ

前日の地震もあったので
緊急速報もあるかもしれないから
電源を切ることはしたくない

翌日 試験があるので寝たいけど
〈ブル〉となるスマホが気になって
寝れない

二人は悪気無いことは
重々承知している

でも 私の「べき〗が発動

そろそろグループラインでの
やりとりはやめて個人同士の
マンツーマンでのやりとりにして欲しい
と思って
2:00ごろ その旨を
Messengerで送るとすぐに止まった

集中して寝る

目覚ましで起きる

天気予想通りの雨が降っていた

雨降りは頭痛持ちには辛い

朝から痛み止めを飲んでパラパラと速読をして
整えて出発

試験問題を慌てずゆっくり読んで
落ち着いて回答しよう
良く読んだら大丈夫と言いきかせながら
問題集に目を通す

コロナ対策もあり
試験会場は席が工夫されていて
二人掛け 一人掛けとなっていた

私は 二人掛けの右手側
受験番号確認すると
午後からも同じ席での受験とわかった

カバンは隣の席に置かず床に置くように
指示される

<土足で歩いている床にカバンを
送って最悪!>
<なんで私はカバンをひっかけるものを
今日は持っていないの?>と萎える

隣がやって来た

受験表を2枚持っていた

<この人も午後からも受けるんだあ>
<一緒だな>
<なんで 鼻水ぐすんとずっとすすっている状況で
受験しにきているの?>
<熱は測ったの?>
<あーくしゃみもしてる>
<別室で受験して欲しい>
<試験監督者は何も言わないの?>

どんどん心が呟く

回答用紙が配られ試験監督者が
左手側の隣人に「大丈夫ですか?」と
声をかけた
「花粉症で」と答えていた隣人

<花粉症か、辛いだろうな>
<風邪でなくって良かった>
<コロナの心配しなくて良かった>

少し安心したが ひっきりなしに
鼻水をすする音が気になる

<薬のんで鼻水をとめるべき>
<薬飲んだら眠たくなるのかもしれない>

自分に集中して試験に向かおうと言い聞かす

試験が始まったが
鼻水すする音が気になり集中できない

文字を読んでも頭に入ってこない

寝不足と集中力欠如

家での勉強中なら飲み物でも飲んで
一息いれるところだが
試験中はペットボトルさえ
机の上から片づけなければならないなんて
知らなかった

飲み物で落ち着かせることはできない

深呼吸

15分すぎた

隣に引きづられたまま
集中できる態勢をさがす

左手の人差し指を左耳に突っ込んだ
ようやく 鼻水をすする音が
かすかになった
<耳栓持ってきていたら良かった>

一時間たったころ隣人は離席の為
手を挙げた

<こんな状態でも受験するだけあるよな>
<私はまだ三分の一以上、問題も読めてないのに
すごいな>

ようやく静かになった状況で試験に向かう

消耗しきっていた

考えてもわからないことはわからない

<満点じゃなくてもいい>と言いきかせ
試験会場を後にした

昼休憩取って
午後からまた試験

近くのスーパーで【耳栓】を購入

日曜日ということもあり
受験者が多くランチを予定していたレストランも
いっぱいで5組待ち

何時空くかわからないので
レストラン近くの食堂に行く

テーブルがちょっとべたっとして
落ち着かなかった
さくっと食べて試験会場へ向かう

消毒中の張り紙があり
受験者は廊下で復習中の人がちらほら
私も交じってテキストを開く

試験監督者が入室の許可を出したので
入室し席に着く

しばらくするとお隣さんがやって来た
<やっぱり同じ人>
<相変わらずの鼻水すすり>

【耳栓】を握りしめる

テストが始まる前に耳栓を押し込む

なんとテスト始まって30分で
お隣さんは回答が済んで退室していった

なんという集中力の持ち主なんだろう

勝手に振り回された私を笑ってしまった

ようやく自分のペースで試験に向かう

今回は散々たる結果に終わったような気がする
結果発表は一か月ほど先になるが
いい経験をした
今後のアンガーマネジメントの講座の題材にしよう

怒りが生まれるメカニズム

(マイナスな感情、マイナスな状態)
・受験表の住所の間違いに前日気づく
・前日 2:00までMessengerのバイブレーション
・寝不足
・当日 雨降りで頭痛
・当日 お昼ご飯食べる場所がイメージと違った

スイッチとなる「べき」

・夜中の2:00までグループラインで
個人のやりとりのMessengerするべきでない
・鼻水すすりながら受験するべきでない
・花粉症なら薬で鼻水は止めて受験するべき

衝動のコントロール

・反射しない

思考のコントロール

・③許せない

行動のコントロール

・右上
その状況はコントロール不可能だけど重要
お隣さんの席を変更してもらうことはできない
私にとって重要な時間

変えられないことを受け入れる努力をして
今できる事をする

これは【耳栓】購入して対処したこと

 

アンガーマネジメントはトレーニングです
一度聞いたからといって
出来るわけではありません

何度も何度も繰り返し身に付けていきましょう

今後のアンガーマネジメントの講座はこちらからご覧いただけます

Share

-アンガーマネジメント
-, , ,

© 2021 さかぐちひろみの怒りの感情をコントロールする方法